ゆっくり人形生活

ARTICLE PAGE

16 2015

キレイになったあの子の秘密


今日はこの子がメインの記事ではないです。

ドール達のメンテナンスをしました。
クリーナーで簡単に汚れを落としたり、ヘッドを外して煮えたぎったお湯で煮込んでみたり
パステルを塗り足してオーバーメイクしてみたり。

ソフビ煮、PVC系ドールのメンテナンスの手法として自分の中で定着しました。
過去に投稿したソフビ煮の記事はこちら→その1 その2
関節がゆるゆるになったピコニーモボディの整体にも有効ですし(ピュアニーモは試してません)
手垢やホコリ、経年で微妙に汚れたパーツの表面なんかは一発で綺麗になります。

ただしハイリスク(※後述)なので万人にはお勧めしません。
鍋肌にパーツが直接触れないように注意しつつ、自己責任でお試しください。

※どんなリスクがあるかというと、何が起こるか分からない事です。
メイクが傷むこともありますし、先日煮てみた開眼姫ちゃんのヘッドは
内部にこびりついていたひっつき虫やグルーが熱で溶け出し、アイホールから顔の表面に流れ出たりしました。
溶け出した色々なモノはスポンジやすりで剥がして、トップコートを吹き直して綺麗になりましたよ。
パラボ公式やディーラーさんによる手描きメイクの場合は煮ない方が良いと思います。


続きから、拍手コメントのお返事です。
そらがおか様
コメントありがとうございます!
あの二人は、漫画家がよく言う「キャラクターが勝手に動いてお話しを作ってくれる」
みたいな感覚でネタがポンポン出てくるので、写真撮るのがホント楽しいです。
新しいネタはTwitterが優先になると思いますが、気が向いたらチェックしてみてください。
関連記事

ソフビ煮 メンテナンス