フェイスリペイント2

RAHアルミンの流し目顔、もう一個もリペイントしました。

2体買いしたうちの残り一個です。
デフォルトのプリント顔を残しておきたい気持ちもあったのですが、どうしてもイチからやり直したかったのです。リペイントをやり直したくなった理由については、前回の記事の後半をお読みください。


今回は表面処理のためのヤスリ掛けを除いて、一切削りは入れてません。
原作やアニメの絵は見ずに、人形として可愛くすることを第一に考えて描きました。


なびき髪も似合うようになりました。


最初のリペイント顔ではあまり似合わなかったなびき髪。嬉しいのと同時に、余計なことをしたものだなぁ…と感傷に浸っているところです。

続きからは最初のリペイント流し目との比較画像を載せています。削りに失敗したのがよく分かる画像を見たい方はどうぞ。

ということで比較。

左が削り無し、右が鼻の下と顎を削った顔。
顎のとんがりがこんなに重要だったなんて、あの時は思いもしなかった。

比較用にデフォのプリント顔と並べた写真も貼っておきます。

関連記事