figma遊び色々

今回は久しぶりのfigma写真です。twitterに上げていたのをまとめました。

画像クリックでかなり大きく表示します。
いつか城壁の外を探検して、海を見に行きたいアルミン。夢を諦めずに頑張って、皆でブリ大根食べて欲しい。


すごくイキイキしています。


思わずいろんな角度から撮ってしまいました。


出世魚のブリのように強く生き延びて欲しいという願いを込めてポージングした、ような気がする。


調査兵は基本的にみんな騎馬兵です。
巨人の領域では馬に跨っていないと生き延びることが出来ません。

そんな訳で購入した馬figma。
かれこれ一年以上前の話ですが、続き以下にて購入時の馬の話をしたいと思います。

3か月の発売延期を経て、ようやく届いたアルミンの馬!待ってた!
と喜び勇んで開封したまでは良かったんですが

立てない。


「頑張れ!立ってくれよ!」
アルミンさん泣きそうです。早くしないと巨人が来ちゃう!


人型figmaと違って、脚がすごく華奢なんですね。スタンド使わないと立てないそうで、次の日に改めて撮影し直し…


と思ったらまた転びました。生まれたての仔馬にしては随分でっかいです。
仔馬と違うのは、一度転ぶようになったら二度と立ち上がれなくなったこと。

股関節ポロポロ取れるアルミンと、スタンド使っても立てない馬。違う、私はこんな地獄のデュエットが見たかった訳じゃないぞ。

スタンドのネジを増し締めしようにもこれ以上締まらない状態だったので、仕方なくカスタマーサービスセンターに電話して現物を見てもらうことになりました。


そして一週間後…


立った!お馬が立ったよ!!

騎馬姿のカッコ良さより先立つのは「立てた」喜び…
で、マックスファクトリーから送り返された馬に同封されていたお手紙には
「検品した結果、馬の脚・スタンド共に不良品ではありませんでしたが、念のため可動部の関節を交換しておきました」とのこと。スタンド使っても立てなかったのに不良品じゃないの??ちょっとメーカーに不信感を持ってしまったよ?


「よしよし」

ひと悶着あったけど、でも馬と戯れる調査兵の姿は良いものです。馬自身もポージングによって表情が違って見えるのが面白い。
久々に写真を眺めてみて、また馬で遊ぼうかなって気持ちになってきたのでした。

関連記事